複数のクリニックを比較して選ぶことが重要

サイトメニュー

痛みが少なく傷跡が少ない

女性

リーズナブルな料金で利用できます

いぼ治療にはいくつか種類がありますが、限られた予算において適切な治療を受けたいものです。痛みが少なかったり傷跡が残らない施術を受けたりすることができ、代表的な治療として液体窒素や電気メスなどがあげられます。液体窒素にかかる費用に関して、1回1,500円ぐらいで保険を適用することが可能です。60個以上の数があると12,000円ぐらいになり、保険3割負担を利用することができるでしょう。電気メスの場合、数個のものなら液体窒素と同じく1,500円ぐらいで、60個以上になると12,000円以上になります。いぼ治療を選択するにおいて費用は大事なポイントになるので、事前に医師と行われるカウンセリングにおいて施術内容やスケジュール・費用に関して確認しておくと安心です。クリニックによってモニターを利用したりキャンペーンを利用したりすると、コストを抑えることができます。費用だけに注目していると術後のケアを忘れたり傷跡が残ることもあるので、アフターケアに関して注意しなければいけません。紫外線などを浴びるとシミができることもあるので、医師の指示に従うようにしましょう。術後の傷跡は一人ひとりの皮膚の性質に関係してきますが、事前に医師と術後のリスクも話し合っておくことをおすすめします。カウンセリングを行うことで術後の失敗などを回避することができたり、医師との信頼関係を築くことによって安心して施術を受けることが可能です。顔などにできたいぼを除去する場合、ある程度赤みなどができるのでスケジュールをしっかり組んでおくと良いでしょう。
いぼを除去するにはいくつか方法があり、炭酸ガスレーザーなどの施術があります。炭酸ガスレーザー施術にはいくつかメリットがあり、例えば平坦ないぼや盛り上がったものなどさまざまな種類を治療することが可能です。炭酸ガスレーザーを利用すると一度の治療で全体的に除去することができ、何度も通院する必要がありません。完全に除去できる治療として深く切り取り縫い合わせる方法もありますが、傷痕が残ってしまうので顔などの部位にはおすすめできません。レーザーを利用すると傷痕が目立ちにくいので、顔などの人の目にふれるような部位に利用することができるでしょう。レーザーを使ったくりぬき法もあり、レーザーを使って患部を蒸散させ削り取ることができます。治療した後ぽっかり穴が開いた状態になるので注意が必要です。浸出液を伴ったじゅくじゅくした状態になるので、自宅でのアフターケアが大切になります。患部の皮膚は創傷治癒によって1週間〜10日で皮膚が再生され盛り上がり治癒する仕組みです。施術の流れとしていぼが悪性でないか確認します。その後局所麻酔を行ってから、炭酸ガスレーザーを使って切除していきます。治療時間は5分〜10分ぐらいで完了し、きれいに除去されたら小さいものには軟膏を塗り、大きめのサイズには創傷被覆材テープなどを使って保護することが可能です。傷がふさがるまでの1週間〜2週間は軟膏や保護テープで覆っておき、傷が塞がってからも赤みが残るケースがありますが次第に赤みが消えていくので心配ありません。

Copyright© 2019 複数のクリニックを比較して選ぶことが重要 All Rights Reserved.